宮城のニュース

「レモンずくめ」地域に刺激 パスタやスイーツ…メニュー多彩 仙台のイタリアンレストラン

15品目が入った「トゥーレモンパフェ」(980円)など、レモンを使ったオリジナルメニューは多彩

 料理、スイーツ、飲料と幅広く人気のレモン。最近は輸入物に負けじと国産レモンが存在感を増す中、仙台市青葉区北目町のレストラン「カジュアルイタリアン トゥーレモン」は、国産レモンをふんだんに使ったメニューが人気。レモンずくめの「すっぱおいしい」で地域を元気にしようと奮闘する。
 同店は合同会社「トゥーイート」(仙台市青葉区)が昨年10月オープンさせた。「お客さんの7割は女性」と同社代表の柴田一生さん(25)。若い女性を中心ににぎわいを見せる。
 使うのは、とびしま海道(広島県呉市)の農家から直送した「とびしまレモン」。防腐剤、防かび剤不使用で皮ごと丸かじりできる。昨年の西日本豪雨で被災したレモン農家を応援したいと、柴田さん自ら現地に足を運び契約を結んだ。
 柴田さんは仙台市泉区出身。東北大卒業後、宮城県七ケ浜町の特産品販売施設「七(しち)のや」に勤務した。東日本大震災からの復興を目指す被災地で地元産の魚を使った海鮮丼などを提供する中で、「食」が地域を盛り上げる力を実感。独立開業を志したという。
 トゥーレモンでは、登米市産の伝統野菜、栗原市産の豚肉など、レモン以外の食材も産地直送に力を入れる。柴田さんは「食の力で生産者と消費者、地域に貢献したい」と語る。
 いちおしは「レモボナーラ」(850円)。卵黄を泡立てて作るソースとレモンで、さっぱりとしたパスタに仕上げた。カフェタイムにはレモンを使ったスイーツも人気だ。
 営業は午前11時〜午後10時。火曜定休。連絡先は022(302)6899。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月10日月曜日


先頭に戻る