岩手のニュース

<参院選岩手>国民岩手県連、元パラリンピック選手の横沢高徳氏を推薦

 国民民主党岩手県連は8日、参院選岩手選挙区(改選数1)に立候補を予定する元パラリンピック選手横沢高徳氏(47)の推薦を決定した。
 国民県連と横沢氏は同日、消費税の増税反対など政策協定10項目を締結。佐々木朋和県連代表代行は「政治的経験は浅いが、人生経験や人懐っこさは候補者にふさわしい」と述べた。
 国民県連は、旧自由党が擁立を主導した横沢氏への対応を保留していた。推薦済みの共産、社民両党と足並みがそろい、横沢氏は「団結して一生懸命取り組みたい」と抱負を語った。
 自民党は4選を目指す現職平野達男氏(65)を擁立する。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年06月09日日曜日


先頭に戻る