宮城のニュース

<楽天>移籍後初登板の熊原、4回途中2失点

移籍後、初登板した東北楽天先発の熊原

 東北楽天の熊原が移籍後初のマウンドに上がった。四回途中2失点での降板に「いい状態で入れたが、五回まで投げられなかった」と悔やんだ。
 一回、2死満塁のピンチを招いたものの、捕邪飛でしのぎ、二、三回はいずれも三者凡退に抑える好投を見せた。だが四回、村上に左中間席への2ランを浴びると、さらに安打や四球などで得点圏に走者を進められ、降板した。
 角田市出身の右腕は「変化球を低めに集め続けられれば、大けがしないことは分かった。失投と無駄な四球を修正していきたい」と語った。


2019年06月13日木曜日


先頭に戻る