岩手のニュース

長〜いリアス線 徹夜で縦断、地元食材使った夜食も提供 三鉄が来月20、27日運行

 岩手県などが出資する第三セクター三陸鉄道(宮古市)は今夏、徹夜でリアス線163キロを端から端まで走り通す「三陸縦断夜行列車」を運行させる。三セク運営鉄道では全国最長の営業区間を存分に体感してもらう。
 7月20、27の両日、2両編成で運行し、定員は各60人。盛駅(大船渡市)を午後9時14分に出発し、翌朝5時半に久慈駅(久慈市)に到着する。
 車内で三陸の食材を使った夜食を提供するほか、天候が良ければ太平洋から昇る日の出を楽しめる。久慈駅では地元の名物「まめぶ汁」が振る舞われ、記念乗車証明書を発行する。
 運賃は、お座敷車両7000円、一般車両6000円。連絡先は三鉄旅客営業部0193(62)7000。


関連ページ: 岩手 社会

2019年06月13日木曜日


先頭に戻る