秋田のニュース

<吉田輝星投手>白星デビュー、快投に歓喜の拍手 秋田市中心部でPV

見事な内容で5回を投げ切った吉田投手の勇姿に、大きな歓声と拍手を送る市民ら=12日午後7時30分ごろ、秋田市

 昨夏の甲子園で金足農高(秋田市)を準優勝に導いたプロ野球日本ハムの吉田輝星投手が1軍デビューとなる広島戦(札幌ドーム)に先発した12日、秋田市の交流拠点エリアなかいちでパブリックビューイング(PV)があった。800人を超える人々が大画面の実況中継を見守り、秋田から送り出した期待の右腕の快投に歓喜した。
 吉田投手の名前や背番号が入った日ハムのユニホームを着るなどした市民で埋め尽くされた。ストライクが入りアウトを奪うたびに大歓声が上がった。5回を投げ切ると、目に涙を浮かべる人もいた。
 秋田市の会社員斎藤桂蘭(かつら)さん(34)は「持ち味の低めのストレートが決まっていて安心した。生き生きした表情で投げる姿が印象的だった」と笑顔で話した。PVはエリアなかいち指定管理者の「あきたまちづくり共同企業体」が主催した。


2019年06月13日木曜日


先頭に戻る