山形のニュース

ニッコウキスゲ見頃迎える 山形・上山

見頃を迎えたニッコウキスゲを見守る五十嵐さん=上山市の金生熊野神社公園

 山形県上山市の三吉山中腹にある金生熊野神社公園でニッコウキスゲが見頃を迎えた。今年は雨が少なく、例年より開花が遅れたという。
 山を管理する同市金生西、農業五十嵐宏吉さん(87)が2003年、林道整備予定地に自生する30株ほどを見つけ、妻せいさん(86)と移植、株分けを繰り返して約7ヘクタール、4万5000株の群生にまで拡大した。
 ユリ科の多年草で、背丈は50〜80センチ。花は2日程度でしおれてしまうため「一日花」とも呼ばれる。五十嵐さんは「毎年大事に育てている。ぜひ多くの人に楽しんでほしい」と話した。


関連ページ: 山形 社会

2019年06月13日木曜日


先頭に戻る