宮城のニュース

<楽天>救援陣崩壊 5連勝ならず

東北楽天―ヤクルト 4回ヤクルト1死一塁、雄平に右越え2ランを浴び、悔しがる東北楽天先発の石橋=楽天生命パーク宮城

 東北楽天は救援陣が崩れ5連勝を逃した。
 3−2の八回2死三塁から3番手青山が暴投で同点とされ、4番手高梨が中村に決勝の2点二塁打を浴びた。先発石橋は四回に雄平に先制2ランを許したが6回2失点と粘った。打線は0−2の五回、島内の2点打で追い付き、ブラッシュの押し出し四球で一時勝ち越した。
 ヤクルトは打線が終盤に奮起し連敗を2で止めた。

東北楽天−ヤクルト3回戦(東北楽天2勝1敗、18時01分、楽天生命パーク宮城、27,200人)
ヤクルト000200036=11
東北楽天000030000=3
▽勝 マクガフ31試合3勝1敗
▽敗 青山27試合1勝3敗  
▽本塁打 雄平5号(2)(石橋) 

☆イヌワシろっかーるーむ

<島内宏明外野手(五回2死満塁から右前に2点打)>
 「打ったのはカーブ。試合に出ていても迷惑を掛けてしまっているので、いいところで打つことができてよかった」

<石橋良太投手(先発し6回2失点の粘投)>
「立ち上がりは慎重になり過ぎてしまい球数が多くなった。リズムが悪い中で粘りの投球はできた」


2019年06月14日金曜日


先頭に戻る