福島のニュース

スイレンとヒメサユリ 可憐 福島・土湯温泉

5月下旬に咲き始め、見頃を迎えたヒメサユリ
スイレンは9月ごろまで楽しめるという

 福島市土湯温泉町の照南湖ビオパークでスイレンが開花を始めた。近くの堤ケ平地区ではヒメサユリも見頃を迎え、訪れた観光客らが花の「競演」を楽しんでいる。
 白やピンクのスイレンが咲きだした水面は、トンボなども飛び交ってにぎやかな雰囲気。5月末に開花したヒメサユリの群生地ではピンクの可憐(かれん)な花が一面に広がる。
 2カ所は温泉街から車で10分以内の距離にある。土湯温泉観光協会によると、ヒメサユリはもうしばらく、スイレンは9月上旬まで楽しめるという。郡山市から訪れた無職芳賀正二さん(73)と恵子さん(69)夫妻は「福島市内の便の良い場所で花を楽しめるのはいい」と語った。


関連ページ: 福島 社会

2019年06月14日金曜日


先頭に戻る