宮城のニュース

<楽天>広島に11−2 一発攻勢で圧勝

 東北楽天は球団新記録となる1試合7本塁打の一発攻勢で圧勝した。
 一回に茂木の先頭打者弾、ブラッシュの3ラン、ウィーラーのソロで一挙5点を先取。二回は太田のプロ初本塁打となる左越えソロ、浅村のソロで2点を加えた。浅村は四回にも右中間ソロを放った。五回には辰己が右越え2ランを放ち、前半で試合を決めた。
 先発辛島は7回2失点で5勝目を挙げた。広島は引き分けを挟んで3連敗。

東北楽天−広島1回戦(東北楽天1勝、18時00分、楽天生命パーク宮城、26,441人)
広  島020000000=2
東北楽天52112000×=11
▽勝 辛島11試合5勝3敗
▽敗 床田12試合5勝4敗
▽本塁打 茂木7号(1)(床田)ブラッシュ18号(3)(床田)ウィーラー12号(1)(床田)会沢7号(2)(辛島)太田1号(1)(床田)浅村15号(1)(床田)浅村16号(1)(薮田)辰己2号(2)(薮田)

☆イヌワシろっかーるーむ

<ブラッシュ外野手(一回に左中間へ18号3ラン)>
 「得点圏で回ってきたので、打てる球を振り抜こうと考えていた。島内、浅村がつないでくれたおかげ」

<ウィーラー内野手(一回に左越えソロ)>
「直球を打った。いい形で先制した後だったから、自分もいい流れに乗れた」

<浅村栄斗内野手(二回と四回に2打席連続で右中間へのソロを放つ)>
 「1本目はチームの勢いに乗った。2本とも全く狙っていなかった。後ろにブラッシュがいるので、いい形でつなごうと思った」


2019年06月15日土曜日


先頭に戻る