宮城のニュース

<楽天>辛島、チームトップタイの5勝目「ついていただけ」

辛島航選手

 東北楽天の先発辛島が打線の大量援護もあり、7回2失点でチームトップタイの5勝目を挙げた。交流戦では4年ぶりの白星に「点を取ってくれて楽な状態で投げることができた」と野手陣に感謝した。
 悔いを残すのは二回の会沢に許した左翼席への2ランで、「もったいなかった」。それでも、三回以降は打たせ取る投球で反撃を許さなかった。
 今季最多の122球を投げて試合をつくった左腕は「今日はついていただけ。守備にも助けられたので何とか粘ることができた」と謙虚に振り返った。


2019年06月15日土曜日


先頭に戻る