宮城のニュース

<楽天>リガーレ仙台主将・佐藤あり紗が始球式「とても緊張した」

 女子バレーボールチーム「リガーレ仙台」の主将で、2016年リオデジャネイロ五輪代表だった佐藤あり紗が14日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった東北楽天−広島で始球式を務めた。
 チームと同じ背番号5のユニホームでマウンドへ。「とても緊張した」と言う投球はワンバウンドで太田のミットに入った。
 仙台市出身の佐藤は「地元で、夢だった始球式ができてとても楽しかった。野球もバレーボールも盛り上げていけるように頑張りたい」と語った。


2019年06月15日土曜日


先頭に戻る