岩手のニュース

<八幡平・魅ステリーツアー>ふるさと納税協力者 自然の神秘に魅了

八幡平を散策するツアー参加者

 ふるさと納税制度を利用して岩手県八幡平市に寄付した人を地元に招待する「魅(み)ステリーツアー」が行われた。首都圏などから23人が参加し、観光名所や特産品の製作業者を訪ねた。
 事前には旅程を知らされないツアーで、初日の7日は八幡平に足を延ばし、鏡沼が雪解けで竜の目のように見える「ドラゴンアイ」を見学。今年1月に本格稼働したばかりの松尾八幡平地熱発電所などを巡った。8日は地熱を利用した染色や安比高原での乗馬を体験した。
 東京から参加した会社員植木里恵さん(43)は「こんなにきれいな場所があるとは思わなかった。知人にも八幡平市の魅力を伝えたい」と話した。市企画財政課も「ツアー参加者に特産品や名所をPRしてほしい」としている。


関連ページ: 岩手 社会

2019年06月15日土曜日


先頭に戻る