福島のニュース

手作り押し花、英国庭園に華 福島・本宮

押し花のコースター作りを体験する参加者

 福島県本宮市のプリンス・ウィリアムズ・パーク内の英国庭園で15日、初のフラワーフェスティバルが開催された。参加者は押し花や寄せ植えを楽しんだ。
 押し花ではパンジーやミニバラの花びらをピンセットで組み合わせ、コースターを作った。寄せ植えは英国庭園をプロデュースした庭師浜野義弘さん(59)が指導し、完成した作品は庭園に飾られた。
 市内の会社員遠藤光寿さん(58)は「花とこれほど向き合ったのは初めて。自分の作品が庭園に飾られるのもうれしい」と話した。
 英国庭園は市が2017年11月、東日本大震災からの復興を祈念して12年にロンドンに整備された日本庭園「福島庭園」の姉妹庭園として開園させた。15日には英国庭園のオープン1年半を記念する式典も開かれた。


関連ページ: 福島 社会

2019年06月16日日曜日


先頭に戻る