宮城のニュース

<アサヒビール>「東北の恵み」あす発売 東松島市産の「希望の大麦」を使用

東北の地図とホップ、大麦のイラストをデザインした「東北の恵み」

 アサヒビールは18日、東北6県限定で、第三のビール「クリアアサヒ 東北の恵み」を発売する。1本につき1円が東日本大震災の復興支援に充てられる。
 宮城県東松島市産の「希望の大麦」を一部使用。大麦は同市の一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)と協働する復興支援プロジェクトで誕生した。
 山形県産ホップも使い、福島工場(本宮市)で製造した。350ミリリットルと500ミリリットル入りの缶タイプでオープン価格。東北限定販売は今年で3年目。
 担当者は「華やかなホップの香りとすっきりとした飲み心地を味わって」と呼び掛ける。東北6県のスーパーなどで取り扱う。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月17日月曜日


先頭に戻る