宮城のニュース

約束の時間を守ろうね 白石の園児が時計店見学

さまざまな目覚まし時計を見て楽しむ園児たち

 「時の記念日」の10日、白石市本町の時計店「ナガハシ」が、市内の園児を対象にした時計の見学会を開いた。
 ひかり幼稚園の4、5歳の園児計53人が2回に分けて参加。長橋和夫社長(62)が人気キャラクターの目覚まし時計やからくり時計、テーブル時計などを紹介し、「友達との約束の時間を守り、時間を大切にしましょう」と呼び掛けた。
 花が咲くように文字盤が開いたり、小さな人形が出てきたりする仕掛けもあり、子どもたちは多様な時計に目を輝かせた。1923年の創業時からある高さ2.2メートルのドイツ製大型置き時計の前で、童謡「とけいのうた」などを合唱した。
 同店の約60年続く恒例行事で、今年は3〜10日に5施設の園児計約150人が参加した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月17日月曜日


先頭に戻る