秋田のニュース

<地上イージス>防衛相、秋田知事に謝罪 調査ミス「再発防止を徹底」

イージス・アショアの現地調査報告に関する重大なミスなどについて、佐竹知事らに謝罪する岩屋防衛相=17日午前10時ごろ、秋田県庁

 秋田市が立地候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、岩屋毅防衛相は17日午前、秋田県庁で佐竹敬久知事と会談し、配備適地に関する現地調査結果報告書に重大な誤りが発覚した問題など防衛省の一連の不手際を謝罪した。佐竹知事は「防衛省の作業はマイナスからのスタートだ」と厳重に抗議した。
 岩屋防衛相は「資料に重大な誤りが見つかった上、職員による誠に不適切な対応があった。深くおわびする」と頭を下げた。
 仰角算出で縮尺が実際と異なる地図データを使用した問題に関し「誠にうかつでチェック体制が甘かった。二度と起きないよう再発防止を徹底する」と述べた。
 佐竹知事は「もう一回スタート地点に戻って検討してもらわないことには協議に入れない。丁寧な説明よりも正確な説明が必要だ」と厳しい言葉を投げ掛けた。
 防衛省は5月末、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を配備適地とする現地調査の結果報告書を公表した。しかし、検討したとする新屋以外の国有地で仰角の数値に幾つもの重大な誤りが判明。さらに今月8日の住民説明会で職員が居眠りをしたことで地元住民の反発が一気に強まった。
 岩屋防衛相は新屋以外の国有地でも実地測量調査を実施する考えを示し「信頼回復できるよう原点に立ち返り真摯(しんし)に取り組む」と強調した。具体的な対応の一つとして、原田憲治防衛副大臣を本部長とする整備推進本部を新設する方針だ。
 17日午後は秋田市役所を訪ね、穂積志市長らに陳謝した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年06月17日月曜日


先頭に戻る