宮城のニュース

<松島海岸駅改修>駅前の町有地、JR東に貸与 松島町

 宮城県松島町は17日、JR仙石線松島海岸駅の改修に伴う仮駅舎設置などの用地として、駅前広場の町有地をJR東日本仙台支社に無償で貸し付けることを決めた。開会中の町議会6月定例会が議案を可決した。
 対象は896平方メートルで、県が5月、町に無償譲渡した駅前広場の県有地の一部。貸し付けは契約日から全工事が完了する見通しの2022年3月末まで。
 町によると、無償譲渡された県有地約2150平方メートルは路線価約1億2000万円で、駅舎や駅前広場の整備用地となる。県から「10年間は町で所有する」との譲渡条件が付いた。
 町は22年4月以降、新駅舎用地をJR東仙台支社に無償で貸す方針。県の譲渡条件が消える29年5月以降は、同支社に駅舎用地のみ無償譲渡する考えだ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年06月18日火曜日


先頭に戻る