宮城のニュース

<参院選宮城>立候補者説明会に現新2陣営出席 県選管

 7月4日公示、21日投開票の日程が有力視される参院選を前に、県選管は17日、宮城選挙区(改選数1)の立候補予定者説明会を県庁で開いた。4選を期す自民党現職愛知治郎氏(49)と、立憲民主党新人石垣のり子氏(44)の両陣営が出席した。
 県選管の阿部和彦事務局次長は「選挙制度と立候補手続きなどを理解してもらい、円滑で公正な選挙の実現に協力してほしい」とあいさつ。担当者が立候補届け出に必要な手続きや選挙運動の注意事項などを説明した。26日に立候補届け出書類の予備審査を行う。


2019年06月18日火曜日


先頭に戻る