秋田のニュース

<地上イージス>防衛相、秋田知事に謝罪 調査ミス検討箇所、実地測量へ

 岩屋毅防衛相は17日、秋田市で佐竹敬久秋田県知事と穂積志市長と会談し、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備適地に関する現地調査結果報告書に誤りが発覚した問題など一連の不手際を謝罪した。佐竹知事は厳重に抗議し、同市の陸上自衛隊新屋演習場を配備候補地とする防衛省の作業は「マイナスからのスタートだ」との認識を示した。
 岩屋防衛相は「資料に重大な誤りが見つかり、職員による誠に不適切な対応があった。深くおわびする」と頭を下げた。山の仰角算出で縮尺が実際と異なる地図データを使ったミスを「誠にうかつでチェック体制が甘かった」と釈明した。
 原田憲治防衛副大臣を本部長に据えた整備推進本部を設置した上で、新屋以外の東北の国有地で新たに実地測量調査を行う方針も示した。岩屋防衛相は「測量調査は最低でも1カ月以上はかかる」と語った。
 佐竹知事は現段階で新屋が適地との説明は受け入れられないとし、「丁寧な説明よりも正確な説明が必要。もう一回検討してもらわないことには協議に入れない」と強く訴えた。
 防衛省が5月末に公表した報告書では、検討したとする新屋以外の国有地9カ所で仰角に誤りが判明。直後の今月8日の住民説明会では職員が居眠りをするなど緊張感を欠き、地元住民の不信感が高まっていた。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年06月18日火曜日


先頭に戻る