山形のニュース

「キッズ列車 発車オーライ」山形鉄道が毎月運行 畳敷き車両、多彩な遊具 長井

列車内で遊ぶ親子

 山形鉄道(山形県長井市)は5月から月1回、フラワー長井線で小学校低学年までの子どもと親を対象にした「キッズ列車」を運行している。車両の通路を畳敷きにしてボールプールや木のおもちゃ、縫いぐるみなどを用意。揺れる車内での遊びは子どもたちに人気だ。
 毎月第2日曜、荒砥(あらと)(山形県白鷹町)―赤湯(山形県南陽市)間約30キロを2時間10分で往復する。希望者は時間内であればどの駅からでも乗車できる。
 定員30組。初回の5月12日、続く6月9日とほぼ定員に近い親子が利用した。次回は7月14日。大人1人と子どもの1組で、1日フリーパス券付き乗車料1000円。連絡先は同社0238(88)2002。


関連ページ: 山形 社会

2019年06月18日火曜日


先頭に戻る