広域のニュース

<新潟震度6強>東北新幹線が一時見合わせ

地震の影響で一時東北新幹線が運転を見合わせるなどし、不安げに掲示板を見る利用客=18日午後10時55分ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅

 JR東日本によると、東北新幹線は地震発生直後から東京−新青森間で一時運転を見合わせた。同時刻に東京−八戸間で停電も発生したが、約30分後に復旧し運転を再開した。東北、仙石など在来線も一時運転を見合わせ、遅れが出た。けが人や設備の被害は確認されていない。
 仙台市青葉区のJR仙台駅では地震直後、改札前に約20人が集まり、電車の運行状況を伝える電光掲示板やスマートフォンを不安げに確認していた。地震発生時に近くのカラオケ店にいた宮城野区の会社員松本隆さん(61)は「緊急地震速報が鳴り響いていることに気付き驚いた」と話した。
 乗車していた山形新幹線が緊急停止した米沢市の山形大4年長尾太一さん(21)は「東日本大震災を思い出し、一瞬身構えた」と話した。
 東北地方整備局によると、日本海沿岸東北自動車道の象潟インターチェンジ(IC)−岩城IC、山形自動車道の湯殿山IC−鶴岡ジャンクション間などが安全確認のため通行止めとなった。


関連ページ: 広域 社会

2019年06月19日水曜日


先頭に戻る