広域のニュース

<新潟・山形地震>震度6強程度、1週間は注意 仙台管区気象台

 18日深夜に起きた新潟・山形地震を受け、仙台管区気象台は19日未明、記者会見を開き「今後1週間程度、最大震度6強程度の地震が発生する可能性がある」と説明した。
 庄司哲也地震情報官は「特にこの2、3日は注意が必要だ。揺れが強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっている」と話し、今後の地震活動や雨に気を付けるよう呼び掛けた。20日午前0時現在、地震活動が活発化している領域では最大震度4が1回、最大震度3が2回など、震度1以上の地震を19回観測している。
 気象台によると、地震は地殻が圧縮されて上下にずれる「逆断層型」とみられる。プレート境界付近のひずみがたまりやすい「集中帯」で起きた。これまでもマグニチュード(M)7級の地震が起きている。
 ただ、震度6を6弱と6強に細分化した1996年以前を含め、山形県内のこれまでの最大震度は、東日本大震災などで観測した震度5強だった。震度6以上の地震を観測したのは今回が初めて。
 山形県では山形市で1890年、酒田市で1937年に気象庁職員の体感による震度観測を始めた。


関連ページ: 広域 社会

2019年06月20日木曜日


先頭に戻る