宮城のニュース

<せんだい仕事人>多彩なイベント開催 川嶋酒販社長/川嶋吉幸さん(59)

 仙台市青葉区の立町エリアで、地元の飲食店と協力して次々とイベントを仕掛ける。
 自身が営む「酒のかわしま立町店」での試飲会、飲食店を巡るスタンプラリー、西公園での「グリーンマルシェ」、定禅寺通緑道を会場にした「立ち飲みバー」…。「立町の活性化が目的だが、要は酒を売るための商売としてやっている」と言い切る。
 2017年4月に2号店となる立町店をオープンして驚いた。「売り上げは予想の半分。『こりゃまずい』って」。東北随一の歓楽街・国分町に隣接するが、人通りは多くない。「街全体を売り込み、行ってみたい、楽しそうな街にした方が人は来る」と考えた。
 市内の酒販店勤務を経て、11年に宮城野区東仙台に本店を開いた。周囲にはイベントに適した場所や、協力し合える飲食店はなかった。今は「出店者らと一緒に商売する一体感が楽しい」と頬を緩める。
 多彩な内容のイベントを、あえて規模は大きくせずに年に何度も開く。「打ち上げ花火」を日常のにぎわいにつなげたいと模索する日々。飲食店を開こうとする若者が立町を選択肢に入れる。そんな将来を目指している。


2019年06月21日金曜日


先頭に戻る