宮城のニュース

<いしのまき復興マラソン>走って歩いて被災地応援 2日間の日程であす開幕

点火された聖火台を背に一斉にスタートするランナー=2018年6月24日、石巻市総合運動公園

 第5回いしのまき復興マラソン(石巻市、市体協、河北新報社など主催)は22日、石巻市で開幕する。東日本大震災の被災地を舞台に2日間の日程で行われ、全国から訪れるランナーが走って復興を応援する。
 エントリー数は昨年より227人多い2187人。宮城県を中心に30都道府県から参加する。ゲストランナーは東京国際女子マラソンで優勝した谷川真理さんが務める。
 マラソン競技は23日、市総合運動公園を発着点に実施される。メインのハーフには833人が出場。10キロ、5キロ、3キロ、2キロを含む5コース計32種目で競う。種目数は年代を細分化したため、前回より14増えた。
 22日はウオーキング・ノルディックウオーキングの部を開催。石ノ森萬画館をスタートし、大規模な津波被害に見舞われた南浜町、門脇町などを歩く。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月21日金曜日


先頭に戻る