宮城のニュース

河北新報社で協定超え残業 仙台労基署が是正勧告

 仙台労基署は20日、河北新報社に対し、労働基準法違反があったとして是正勧告をした。今年1月、編集システム更新作業に従事した技術局の男性社員1人に対し、労使協定(三六協定)で月70時間と定めた時間外労働の上限を52分超える残業をさせた。
 河北新報社は「是正勧告を厳粛に受け止め、再発防止に努める」と説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月21日金曜日


先頭に戻る