宮城のニュース

<楽天>サヨナラ負け 4戦ぶり黒星 DeNAに2−3

 東北楽天がサヨナラ負けで、4試合ぶりの黒星。先発辛島は一回、先頭神里の右越えソロで先制された。五回にはロペスの右越えソロで加点され、六回途中で降板。久保、森原が無失点でしのいだものの、4番手のブセニッツがつかまった。
 打線は0−2の六回に島内の左越えソロ、ウィーラーの適時二塁打で同点としたが、あと一歩及ばなかった。
 DeNAは5年ぶりの交流戦勝ち越し。

☆イヌワシろっかーるーむ

<島内宏明外野手(六回に左翼席へ5号ソロ)>
 「追い込まれて逆方向を意識していた。少し甘いカットボールだったと思う。本塁打はたまたまです」

<ウィーラー内野手(六回に同点の左越え適時二塁打)>
 「打ったのはカットボール。辛島が粘って、頑張ってくれていたからね」

☆熱血平石語録

<この球場でよく粘った> 
 「(先発辛島は一回の)1本目の本塁打がもったいなかった。でも、この(慣れない)球場でよく粘って、2点で抑えたので十分だろう」


2019年06月22日土曜日


先頭に戻る