宮城のニュース

<宮城県高校総体>競泳・男子200平 谷藤が初優勝

男子200メートル平泳ぎ決勝 2分20秒20で優勝した東北の谷藤

 第68回県高校総合体育大会の競泳が21日、利府町の県総合プールで開幕した。23日までの3日間の日程で頂点を争う。第1日は男女12種目の決勝があり、400メートルリレーは男女ともに東北が優勝。男子200メートル平泳ぎは谷藤大斗(東北)が2分20秒20で初の頂点に立った。
 第2日の22日は200メートル背泳ぎや400メートルメドレーリレーなどの決勝がある。

 ○…「夏までに自己ベスト更新したい」 男子200メートル平泳ぎは、1年の谷藤(東北)が2分20秒20で制した。「風邪が治ったばかりで不安もあったが、まずまずのタイムが出せた」とほっとしていた。
 残り25メートル、隣のレーンで同じ東北の高橋が猛追してくるのが見えてスパートをかけ、振り切った。「疲れた中でもテンポを上げられたのがよかった」と話す。それでも目標タイムには届かず「夏までに18秒台を切って自己ベストを更新したい」と意気込んだ。


2019年06月22日土曜日


先頭に戻る