宮城のニュース

<いしのまき復興マラソン>ハーフ男子・大橋4連覇、ハーフ女子・庄司初優勝

 第5回いしのまき復興マラソン(宮城県石巻市、市体協、河北新報社など主催)は23日、石巻市総合運動公園を発着点とするコースで男女32種目が行われ、ハーフマラソン(21.0975キロ)男子は大橋真弥(宮城・石巻市役所)が1時間7分43秒で4連覇を達成した。女子は庄司琴美(宮城・石巻専大)が1時間22分45秒で初優勝した。10キロ高校・一般29歳以下の男子は大久保陸人(埼玉・コモディイイダ)が30分50秒、女子は千葉彩有花(宮城・石巻専大)が38分23秒で制した。5キロ高校・一般49歳以下の男子は大友理貴(宮城・宮崎建設)が16分38秒、女子は斎藤凜(宮城・石巻専大)が16分58秒で頂点に立った。


2019年06月24日月曜日


先頭に戻る