広域のニュース

<東北高校サッカー>男子 聖和学園逆転勝ち

青森山田―聖和学園 後半34分、勝ち越しのPKを決め、ベンチに向かって駆け出す聖和学園の伊勢本(中央)

 【評】聖和学園が逆転勝ち。0−1の前半8分、サイドに揺さぶってつくった好機を局田が押し込んで追い付くと、後半34分に伊勢本のPKで勝ち越した。青森山田は開始早々、内間が先制したがその後はゴールが遠かった。

 <伊勢本、ドリブル勝負でPK獲得>
 聖和学園が青森山田に競り勝ち3年ぶりに決勝進出を決めた。決勝点となるPKを決めた伊勢本は「持ち味のドリブルを発揮できた」と笑顔で振り返った。
 思い切りの良さが好機を引き寄せた。PK獲得の場面は、中盤左でパスを受けると、一気にペナルティーエリア中央まで進入。後方からのファウルを誘った。DFの背後に走り込む味方も視界に入ったが「ドリブル勝負。迷いはなかった」と納得の表情だった。

 ▽男子準決勝(山形県総合運動公園サッカー場)
聖和学園(宮城1) 2/1―1/1 青森山田(青森1)
            1―0
▽得点者
【聖】局田、伊勢本【青】内間


2019年06月24日月曜日


先頭に戻る