宮城のニュース

気仙沼大島大橋開通後、初の海開きへ 小田の浜全生徒で清掃 大島中マイクロプラ調査も

ごみを拾い、種類別のカードに書き込む生徒たち

 海水浴シーズンを前に、気仙沼市大島中の全校生徒27人と気仙沼海上保安署は24日、大島の小田の浜海水浴場のごみ拾いをした。
 生徒や教諭、署員、市職員ら50人が参加。6班に分かれ流木やペットボトル、漁具などを集めた。約1時間の作業でビニール袋15袋分を回収した。
 本土と結ぶ気仙沼大島大橋の開通後、初めてとなる海開きは7月20日の予定。3年の石川彩美さん(14)は「多くの人が来ると思うのできれいにした。大島はすてきな所だなと思ってもらえたらいい」と話した。
 ごみは種類別に60項目に分かれたデータカードに集計。結果は海上保安庁に送られ、全国の漂着物のデータとなる。
 東日本大震災前から続く清掃活動に加え、今年は砂浜でマイクロプラスチックの調査も実施、微量を検出した。釣った魚や漁師からもらった魚の内臓を独自に調べている3年の村上跳斗さん(14)は「沖の魚ほどマイクロプラスチックの量が多い」と分析。「きれいに見える砂浜にもあると思うと不思議だ」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月25日火曜日


先頭に戻る