岩手のニュース

<通年サンマ漁>本州初水揚げ、大船渡に7トン 入札価格はキロ当たり800〜900円

店頭に並んだ初物のサンマ=大船渡市

 大船渡市魚市場に26日、本州では今季最も早くサンマ約7トンが水揚げされた。サンマ漁の通年操業が可能になったのを受け、北太平洋公海で漁獲していた地元漁船が入港。市内の鮮魚店には早速、例年より2カ月前倒しで初物が並んだ。
 帰港した鎌田水産(大船渡市)の第15三笠丸から、鮮度を保持するために船内で箱詰めしたサンマが次々と陸揚げされた。
 入札価格は1キロ当たり800〜900円で、昨年8月下旬の初水揚げより200円安かった。通年操業に伴う北太平洋でのサンマ漁は7月中旬まで続く予定。


関連ページ: 岩手 経済

2019年06月26日水曜日


先頭に戻る