宮城のニュース

梅の花や実かたどる「令和」の練り切り、美しく 仙台・菓心モリヤが販売

梅の花や実などをかたどった練り切り

 仙台市若林区の和菓子店「菓心(かしん)モリヤ」で、新元号「令和」にちなんだ練り切りが販売されている。
 直径約4センチ。梅を詠んだ万葉集の歌に由来することにちなみ、梅の花や実などをかたどった。白やピンクを基調とし、さりげなく金箔(きんぱく)を添え、令の字の意味通り「清らかで美しい」仕上がりになっている。
 日によって3〜4種類を販売する。和菓子職人の森谷隆之さん(49)は「普段から和菓子のモチーフにする花のヒントを万葉集から得ている」と話す。今回は元号の発表後、約2週間かけて考えたという。
 1個240円。営業は午前9時〜午後4時半。水曜定休。連絡先は同店022(257)1415。


関連ページ: 宮城 社会

2019年06月27日木曜日


先頭に戻る