岩手のニュース

奥州市、補正予算案取り下げ プレミアム商品券「見積もり誤り」で

 10月の消費税増税に伴うプレミアム付き商品券の発行経費の見積もりを誤ったとして岩手県奥州市は26日までに、6月定例市議会に提出していた2019年度一般会計補正予算案を取り下げた。
 プレミアム商品券の関連経費3億3000万円を増額補正する予定だったが、対象となる市民を少なく見積もっていたことに気付いた。実際の関連経費は6億円を超えるという。
 市の本庁舎と支所にそれぞれ喫煙所を新設する工事費1000万円も、補正予算案提出後に方針を変更。受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の7月施行を踏まえ、現在利用されている喫煙所の撤去費用に改める。
 市財政課は「ご迷惑をかけて申し訳ない」と平謝り。7月に臨時会を招集して再提出するという。6月定例会はこの日、取り下げた議案を除く23件を原案通り可決して閉会した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年06月27日木曜日


先頭に戻る