岩手のニュース

日高見の国ファンド、投資先第1号は「祭り法人射的」

 岩手県北上市などでの起業や事業拡大を支援しようと設立された「日高見の国地域振興ファンド」は26日、第1号の投資をマーケティング業「祭り法人射的」(北上市)に対して実施したと発表した。投資額は1000万円。
 祭り法人射的は2017年、地域おこし協力隊員らが起業し発足した。北上市や岩手県西和賀町のふるさと納税関連業務を請け負うほか、大手アウトドア用品メーカーと連携してイベントを開催するなど営業企画を手掛ける。
 地域振興ファンドは、北上信用金庫(北上市)と投資会社フューチャーベンチャーキャピタルの子会社FVCTohoku(盛岡市)、地元自治体が出資し、共同で設立した。


関連ページ: 岩手 経済

2019年06月27日木曜日


先頭に戻る