宮城のニュース

<せんだい進行形>出張拠点や営業所機能、起業家らで活況 シェアオフィス浸透

エンスペースのラウンジ。カフェのような雰囲気で、利用者やスタッフが気軽に集まり交流する
秘書機能を備えたリージャスクラックス仙台=仙台市青葉区一番町3丁目

 仙台市中心部でシェアオフィスが活況だ。首都圏など県外からの出張拠点、企業の営業所機能のほか、起業家やフリーランスの活動の場としても幅広く活用される。利用目的によってサービスや雰囲気もさまざま。大規模オフィスビルの不足感も追い風に、オフィスの新しい形として定着しつつある。
(報道部・古賀佑美)

◎新形態 個々のニーズに対応/人脈の拡大も後押し

 青葉区国分町1丁目の7階建て複合ビルを丸々使った「enspace(エンスペース)」は、東北最大級のシェアオフィスとして昨年6月に開業した。ITサービス業エンライズコーポレーション(東京)が運営する。
 個室80室のほか、共有の仕事場として使うコワーキングスペースや会議室を備え、IT関連企業など62社が利用する。ビジネス交流会などのイベントには開業以来延べ約2万5000人が訪れた。利用者が集うラウンジはカフェのような雰囲気だ。
 利用する経営コンサルタント「サーキュレーション」(東京)の横谷尚祈さん(32)は「内装のデザインが凝っていて雰囲気が気に入っている。人脈が広がるのも利点だ」と話す。施設内に8月、東北支社を開いて腰を据えるという。
 仙台でのシェアオフィスサービスは2010年、JR仙台駅に隣接する仙台マークワンビルに業界大手「リージャス」がオープンして本格化した。大手不動産会社も参戦した現在は市中心部に少なくとも15拠点。レンタルオフィス、コワーキングスペースなど名称もさまざまだ。
 リージャスはホテルのフロントのような落ち着いた雰囲気のエントランスが印象的。受け付けスタッフが電話の取り次ぎや郵便の受け取りをしてくれる秘書機能があり、弁護士など来客が多い士業にも人気だ。
 今月1日、青葉区中央2丁目にオープンした丸紅リアルエステートマネージメント(東京)の全国1号店「M−LABEL(エムレーベル)」は個室メインのシンプルな造り。東京から2時間弱という仙台の地の利を生かし、出張拠点としての利用を見込む。

◎空室不足 働き方改革も影響/開設一層進む可能性

 仙台市でシェアオフィスが拡大する背景には、オフィスビルの空きが不足していることに加え、働き方の変化も影響している。2020年にはJR仙台駅周辺に大型ビルの完成が相次いで予定され、シェアオフィスの開設が一層進む可能性もある。
 オフィスビル仲介の三鬼商事仙台支店がまとめた市内のオフィスビル空き室率の推移はグラフの通り。08年のリーマン・ショック後にオフィスの撤退と縮小、大型ビルの供給が重なって一時20%を超えた。その後は景気回復の一方、新規供給がなく18年末には過去最低の4.40%を記録。賃料は坪単価1万円弱に高止まりする中、初期経費のいらないシェアオフィスが台頭した。
 不動産仲介の三幸エステート仙台支店によると、18年に市内で開設したオフィスの6割が100平方メートル以下と小規模。森本泰史支店長は「仙台の営業所は3〜5人が多く、小割りのシェアオフィスがなじむのではないか」と分析する。
 営業や専門職は会社に固定デスクを置かない働き方が広がりつつある。不動産サービスCBREの稲毛敦士仙台支店長は「シェアオフィスは在宅と会社勤務の間。働き方改革の時流に乗り、ビジネスとして確立された」と考える。
 仙台のオフィスビルは20年に大型4棟が完工し、仙台駅周辺への密集が進む。リージャス日本法人の親会社で貸会議室大手ティーケーピー(TKP、東京)の河野貴輝社長は「駅前のビルに大企業が入れば、取引する中小の会社が近くのシェアオフィスを使うようになるだろう」と見込む。
 市産業振興事業団の起業支援センターの笹井一史センター長は「小さな企業でも中心部にオフィスを構えられれば対外的な信用力も高まる。人脈も広がりやすく、起業の環境が整う」と歓迎する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月14日金曜日


先頭に戻る