秋田のニュース

<地上イージス>秋田知事「白紙に戻した方が早道」

 陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備計画を巡り、佐竹敬久秋田県知事は27日、県議会6月定例会閉会後の記者会見で「(計画を)白紙に戻した方が国にとって早道になるのではないか」との考えを示した。
 防衛省が行う配備適地の検討の在り方に関し「可能性のありそうな候補地を全部チェックし、説明会も半日、1日かけて徹底的にやる必要がある」と訴えた。
 失態が相次ぐ中でも防衛省は新屋が適地との考えを譲らない。佐竹知事は「心では(新屋が適地と)思っていても全部精査し、あらゆる角度から出直すと言えばいい。(失態を)謝っておいて『新屋が適地』では謝ったことにはならない」と不快感をあらわにした。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年06月28日金曜日


先頭に戻る