福島のニュース

不審なスーツケース 郡山駅一部封鎖

スーツケースを回収する爆発物処理班の捜査員=27日午前11時50分ごろ、JR郡山駅

 27日午前8時40分ごろ、JR郡山駅西口の中央口出入り口付近に不審なスーツケースがあると、JR東日本職員が110番した。福島県警機動隊の爆発物処理班がスーツケースを回収。陸上自衛隊白河布引山演習場に運び、中身を確認したところ空だった。
 県警によると、スーツケースはプラスチック製で高さ80センチ、幅50センチ、色はピンク。ガムテープで補修した跡があった。1階のごみ箱の脇に置かれ、捨てられたとみられる。
 通報を受け、郡山署は午前9時すぎから西口の駅構内や駅前広場、タクシープールなどへの立ち入りを禁止した。規制は正午ごろに解除され、列車の運行などに影響はなかった。
 新幹線に乗るため訪れた市内の主婦(55)は「物々しい雰囲気に驚いた。荷物が多く、別の入り口に回るのは大変。不審物と聞いて怖くなったが、何事もなくて良かった」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2019年06月28日金曜日


先頭に戻る