福島のニュース

磐梯吾妻スカイライン、9カ月ぶり再開通

ミスピーチがドライバーに記念品を手渡した

 山形、福島両県にまたがる吾妻山(吾妻連峰)の噴火警戒レベル引き下げを受け、昨年9月から通行止めが続いていた磐梯吾妻スカイライン(28・7キロ)が28日に開通し、観光客らを喜ばせた。
 開通の午前10時、福島市の高湯ゲートには20台以上の車両が列をなした。ミスピーチキャンペーンクルーらが市観光農園協会オリジナルのリンゴジュースや観光パンフレットなどを先着60人に贈呈した。
 吾妻山は昨年9月に警戒レベルが1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に上がった。今年4月に1に戻った後、5月に再び2に上がり今月17日、1に下がった。


関連ページ: 福島 社会

2019年06月28日金曜日


先頭に戻る