宮城のニュース

<参院選宮城>日本青年会議所が候補者招き公開討論 7月1日、ニコ生で中継

 参院選(7月4日公示、21日投開票)を前に、日本青年会議所(JC)東北地区宮城ブロック協議会は7月1日、宮城選挙区(改選数1)の立候補予定者を招いて公開討論を行う。インターネット動画「ニコニコ生放送」で中継する。
 自民党現職の愛知治郎氏(50)と立憲民主党新人の石垣のり子氏(44)が参加する。「社会保障制度」と「少子化対策」に加え、市民アンケートで関心の高かった二つのテーマについて考えを語ってもらう。
 午後1時半〜3時15分にネットで配信。同日夜以降は動画投稿サイト「ユーチューブ」でも視聴できる。
 当初24日を予定していた討論会が中止となり、協議会は急きょ動画配信に切り替えた。担当者は「立候補予定者の政策を聞き、投票先を決めてほしかったので良かった。投票率の低下が懸念されており、県民の関心を高めたい」と話す。


2019年06月29日土曜日


先頭に戻る