宮城のニュース

<仙台市プレミアム商品券>「取扱店」の募集開始 10月〜来年3月使用可能

 仙台市や仙台商工会議所でつくる市プレミアム付商品券実行委員会は28日、今年10月に発行される商品券を利用できる「取扱店」の登録募集を開始した。
 取扱店に登録できるのは市内に所在し、商品券で購入できない金券、金融商品、切手、はがきを除く物品やサービスを販売する事業所。12月20日まで募集するが、商品券の利用者向け冊子に店舗名を掲載するには、8月15日までに申し込む必要がある。
 商品券は市内の郵便局126カ所(簡易局を除く)で販売し、10月から来年3月末まで使用可能。額面500円で1冊10枚つづり。1人につき5冊(額面2万5000円、販売額2万円)まで購入できる。
 商品券の販売対象となる子育て世帯や住民税非課税の低所得者は、市内に延べ約22万8000人いるため、最大発行予定額は57億円程度になる見通し。
 登録は専用ホームページとファクスで受け付ける。連絡先は商品券事業コールセンター022(266)8651。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月29日土曜日


先頭に戻る