宮城のニュース

<スマート農業>AI使い省力化 無人トラクターや自走コンバイン、東松島で実演

無人で走行し、農地を耕起するトラクター

 ロボットや人工知能(AI)、情報通信技術(ICT)といった先端技術を駆使した「スマート農業」機械の実演会が28日、宮城県東松島市であった。県などでつくる超低コスト「輸出米」生産実証コンソーシアムの主催。生産者や農協の担当者ら約200人が参加した。
 コンソーシアム構成メンバーでもある同市野蒜地区の農業法人アグリードなるせの農地を使って、コンバインの自動運転による収穫、無人トラクターでの耕起などを紹介した。
 コンバインには操縦経験がないアグリードの社員が乗り込み自動走行を体験。小麦を刈り取りながら、収量と麦に含まれる水分、タンパク質も測定した。無人トラクターは衛星利用測位システム(GPS)を搭載。リモコン操作で正確に農地を掘り起こした。
 県内では、東日本大震災で被害を受けた農地の復旧に伴い、大区画化と農業法人への集積が進んだ。経営規模が拡大する一方で、労働力不足の懸念が広がり、作業の効率化と低コスト化が課題となっている。
 100ヘクタールの農地を抱えるアグリードは本年度、国のスマート農業実証事業に採択された。水稲の生産コストを25%削減する目標を掲げる。安部俊郎社長は「少人数で生産体制を維持でき、ベテラン農家と遜色のない作業が可能なのも魅力だ」と期待した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月29日土曜日


先頭に戻る