宮城のニュース

<聖火ランナー>宮城県内7月1日募集開始 震災の思いなど基に選考

聖火ランナー募集を告知するポスター

 2020年6月20〜22日に宮城県内で行われる東京五輪の聖火リレーで、県実行委員会は7月1日、聖火ランナーの募集を始める。8月31日までインターネットと郵送で受け付ける。

 募集するランナーは65人程度。対象は08年4月1日以前の生まれで、県内在住か、過去に住んだり勤務したりしたことがあるといったゆかりのある人であれば応募できる。国籍、性別は問わない。
 特設ホームページを7月1日午前0時に開設。同日午前9時から応募に必要な情報の入力が可能になる。郵送の場合は、各市町村か県庁で応募要項を受け取り、県実行委に送る。
 400字程度の自己PRや、東日本大震災への思いをまとめた作文を基に、県実行委が選考する。写真によるアピールは考慮しないという。当選者には大会組織委員会が12月以降に通知する。
 募集開始に合わせ、7月1日午前9時にコールセンターを開設。問い合わせは平日午前9時から午後5時に対応する。連絡先は(0570)200161。


2019年06月29日土曜日


先頭に戻る