山形のニュース

<新潟・山形地震>山形県が補正予算を追加提案 倒壊したブロック塀の木製化支援で

 山形県は28日、新潟・山形地震で瓦が落下した屋根の修繕や倒壊したブロック塀の木製化などを支援するため、計4億3400万円を増額する本年度一般会計補正予算を開会中の県議会6月定例会に追加提案すると発表した。
 吉村美栄子知事が県庁で記者会見し、「被災者の生活が一刻も早く元に戻るように予算を編成した。引き続き、早期の復旧、復興に取り組む」と述べた。
 補正予算には、住宅の瓦屋根の修繕費用に6000万円を計上。ブロック塀の木製化には県として800万円を確保し、所有者に対し市町村とともに修繕費全体の半分を助成する。
 今回の補正で、一般会計の総額は6151億9200万円となる。


関連ページ: 山形 政治・行政

2019年06月29日土曜日


先頭に戻る