宮城のニュース

<羽生結弦>ユヅと一緒に仙台巡り 観光ガイド配布開始

仙台巡りを受け取り、内容を確認する親子

 フィギュアスケート男子で五輪連覇した仙台市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、東北高出=が表紙を飾る観光ガイドブック「仙台巡り」の無料配布が29日、青葉区のサンモール一番町商店街や市内の商業施設などで始まった。

 仙台巡りはA5判、42ページで、女性を主なターゲットに市が作製した。市観光アンバサダーの羽生選手が仙台の魅力を語った特集記事などを掲載。5000部を用意したサンモールの特設ブースには早朝からファンらが集まり、配布開始の午前11時までに1614人が整理券を受け取った。
 群馬県太田市の会社員茂木昭代さん(45)は、午前4時半に車で自宅を出発し、19歳と17歳の娘2人と共に仙台巡りを受け取った。
 「羽生選手がたくさん載っていて掲載されている店などもすてき。手に入って良かった」とにっこり。羽生選手ゆかりの地を訪ねるなど度々来仙しているといい「今度来るときに活用したい」と話した。
 サンモールでは30日も午前11時から5000部を配布。整理券は午前8時半ごろから配る。他の配布場所などは仙台巡り特設サイトで紹介している。いずれも無くなり次第終了。7月1〜14日、市内75カ所の宿泊施設でも宿泊客に配布する。
 配布に合わせ、市交通局は7月15日まで地下鉄南北線の泉中央、勾当台公園、仙台、長町南の各駅の定期券販売所で、羽生選手のポストカード付き地下鉄1日乗車券(1500円)を追加販売。販売は売り切れ次第終了する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年06月30日日曜日


先頭に戻る