宮城のニュース

<楽天>降雨コールドでドロー

 東北楽天は六回表終了で降雨コールドゲームとなりロッテと引き分けた。打線は0−1の三回、先頭茂木の8号ソロで追い付き、四回は先頭銀次の1号ソロで勝ち越した。
 先発美馬は6回を投げ6安打2失点。一回、中村奨の適時二塁打で先制を許した。二〜四回は無得点に抑えたが2−1の五回、鈴木の中前適時打で同点とされた。
 ロッテの先発涌井は5回5安打2失点だった。

東北楽天−ロッテ11回戦(ロッテ6勝4敗1分け、14時、楽天生命パーク宮城、27,075人)
ロッテ 100010=2
東北楽天00110 =2
(6回表終了、降雨コールドゲーム引き分け)
▽本塁打 茂木8号(1)(涌井)銀次1号(1)(涌井)

☆イヌワシろっかーるーむ
<茂木栄五郎内野手(1点を追う三回に中越え同点ソロを放つ)>
 「先頭だったので、まずは塁に出ることだけを考えていた。ファウルで粘って、甘い直球を強くたたけた」

<藤田一也内野手(五回に右前打。22日に右股関節痛からの1軍復帰後、初安打を放つ)>
 「H(ヒット)がついたので良かった。体も動けるし万全の状態」


2019年06月30日日曜日


先頭に戻る