宮城のニュース

登米伊達家の宝を公開 登米高でコレクション展

伊達さん(左)が所蔵する版画作品などを公開しているコレクション展

 登米伊達家16代当主で元県図書館長の伊達宗弘さん(73)が所蔵する書画などを公開するコレクション展が宮城県登米市登米町の登米高で開かれている。16日まで。
 同校の学校公開に合わせ、同校評議員でもある伊達さんの協力を得て企画された。伊達さんの祖父が収集した大正−昭和初期の版画など17点や、伊達さんのおばの登米第一尋常小学校の修業証書、手習いの書、絵画など17点が展示されている。
 伊達さんは「地域の歴史や日本文化の良さなどを、次代を担う子どもたちや地域の人たちに広く知ってもらいたい」と話している。
 公開は平日午前9時〜午後3時(3、8日は休み)。入場無料。連絡先は同校0220(52)2670。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月01日月曜日


先頭に戻る