広域のニュース

人力車引き東北一周 秋田出身・冒険家阿部さん1500km走破

東北一周を終えて支援者らにあいさつする阿部さん(中央)=6月23日、秋田市

 人力車を引き東北を一周する旅に挑戦していた秋田市出身の冒険家阿部雅龍(まさたつ)さん(36)=東京都=が6月23日、出発地点でもある同市のJR秋田駅前にゴールした。4月末からの2カ月間で1500キロを走破した阿部さんは「人に恵まれ、東北の魅力にたくさん触れることができた」と振り返った。
 小雨が降る同日午後1時ごろ、支援者ら約60人から大きな声援と拍手で迎えられると、阿部さんは「本当にありがとうございました」と笑顔で応えた。その後は一緒に記念写真を撮ったり、土産話をしたりして喜びを分かち合った。
 阿部さんは4月27日、装備を含め重さ100キロを超える人力車とともに、秋田市を出発して青森へと北上。時計回りに東北各県を走り、旅の道中で出合った印象的な食や風景といった各地の魅力を会員制交流サイト(SNS)で発信した。
 特に東日本大震災で被災した三陸沿岸部で多くの人から声援をもらったという。「被災した人たちが前向きに生きていると感じた。心の強さや優しさが印象的だった」と話した。
 普段は浅草で人力車夫として働く。11月には、約1300キロのルートを70〜80日間で踏破して南極点を目指す計画に挑む。阿部さんは「資金や体づくりをしっかりと整え、必ず実現させたい」と意気込んだ。


関連ページ: 広域 社会

2019年07月01日月曜日


先頭に戻る