広域のニュース

免許自主返納が東北で加速 65歳以上が9割占める 重大事故続発背景か

模擬運転講座で認知機能などを確かめる参加者=福島市免許センター

 高齢ドライバーによる重大事故が多発する中、東北各県で運転免許証の自主返納が増えている。今年1〜5月に自主返納した人は秋田、岩手、福島、山形4県で昨年を上回る勢い。6県共通の傾向として、自主返納者の9割を65歳以上が占めている。

 5月末までの自主返納者は福島2875人(前年同期比216人増)山形1986人(50人増)秋田1892人(23人増)岩手1823人(148人増)。宮城2572人(4人減)青森1621人(12人減)はほぼ前年並みのペースとなっている。
 昨年、6県で最も自主返納者が多かった福島(5964人)は前年から953人増えた。8割以上に当たる4914人が75歳以上の後期高齢者で、前年より1306人増加した。
 今年も、5月までの自主返納者のうち65歳以上が97%を占める。特に5月が752人(前年同期比231人増)と大きく伸びた。
 4月に母子2人が亡くなった東京・池袋の事故など、高齢ドライバーによる死亡事故が全国で相次いでいることが背景にありそうだ。
 県警運転免許課の担当者は「事故を人ごとではないと受け止め、自分が当事者にならないために返納しようという気持ちになったのではないか」と推測する。
 他方、運転免許証を手放せない高齢者もいる。
 5月下旬、福島市庭坂の県警福島運転免許センターであった模擬運転講座。参加した市内の無職女性(71)は「年を重ねるにつれて運転が怖く感じることもあるが、最寄りに鉄道の駅もなく車がないと生活できない」と話す。
 福島県警は6月から県内に約120カ所ある地域包括支援センターと連携し、自主返納した高齢者の支援態勢を順次整える。
 支援を希望する高齢者の年齢や住所などの情報を県警とセンター間で共有。センターが、運転しなくても通うことができる福祉施設の紹介や医療機関の案内を円滑に行えるようにする。
 県警によると、県内の65歳以上の運転免許証保有者は5月末現在で33万7001人。全体(129万7870人)の26%を占める。


関連ページ: 広域 社会

2019年07月01日月曜日


先頭に戻る