宮城のニュース

<気仙沼バル>「海鮮丼」「お作り」「冷たいの!」3枚つづりで夏の飲み歩き

気仙沼バルの参加店マップ

 宮城県気仙沼市内で食べ、飲み歩きを楽しむ「気仙沼バル2019夏」が5、6の両日、市内3地区で開かれる。飲食店など計41店舗が参加し、各店自慢の特別メニューを、お得な値段で提供する。

 参加者は各店舗などから3枚つづりのチケットを2500円(前売り2300円)で購入。参加店のうち3店で、特別メニューを味わえる。
 メニューは、気仙沼漁港に水揚げされた刺し身の3点盛りと小鉢に生ビール1杯、海鮮丼とドリンク1杯、にぎりずし4種と小鉢にグラスビール1杯のセットなど。港町らしいラインアップがそろう。
 「内湾」「田谷・田中前」「古町・東新城・舘山」の3地区に参加店舗があり、各地区を結ぶ無料シャトルバスも運行。南町紫神社前商店街などで地元のアマチュアバンドらによるミニコンサートもある。
 イベントは2013年4月、東日本大震災で被災した店が入る仮設商店街を盛り上げようと始まった。今年が8回目で、前回(18年7月)は過去最多の1039人が店を回った。
 開始時間は店舗によって異なる。余ったチケットは7〜13日、バルの参加店で700円分の金券として使用できる。連絡先は気仙沼バル実行委員会事務局0226(25)8172。


関連ページ: 宮城 経済

2019年07月03日水曜日


先頭に戻る