宮城のニュース

<楽天>三好「日本シリーズで元気な姿見せたい」 広島・下水流とトレード

三好匠選手
下水流昂選手

 東北楽天は2日、三好匠内野手(26)と広島の下水流(しもずる)昂外野手(31)の交換トレードが成立したと発表した。東北楽天の平石監督は下水流について「うちには少ない右打者で、いい打撃をしているイメージがある。外野のポジション争いに加わってほしい。期待している」と話した。
 下水流は神奈川県出身。神奈川・横浜高から青学大、ホンダを経て2013年にドラフト4位で広島に入団。通算成績は133試合で打率2割4分5厘、9本塁打、31打点。今季は2試合の出場にとどまっていた。下水流は「大変驚いている。カープには約6年半、お世話になった。優勝も経験させてもらい、とても素晴らしい時間だった。楽天へ行っても力になれるように精いっぱい頑張る」と広島を通じて談話を出した。
 三好は福岡・九州国際大付高から12年にドラフト3位で東北楽天入り。今季は主に内野の守備固めとして17試合に出場した。通算成績は199試合で打率2割5厘、4本塁打、19打点。三好は「東北のファンの皆さん、8年間ありがとうございました。カープの優勝に貢献することが恩返しになる。秋にはイーグルスと日本シリーズで対戦し元気な姿を見せたい」と東北楽天を通じてコメントした。


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る